つらい喉の痛み!扁桃炎の症状と治療法


扁桃炎という病気をご存知ですか?

実は先日扁桃炎になってしまい

高熱が出て寝込んでしまいました…

しかも今年すでに2回目。。

病院の先生いわく、

「たぶんまたなりますよ」

とのこと。。

こんなにつらいのに年に何度もなるなんて…

今回はそんなつらい扁桃炎についてです!

スポンサーリンク
レクタングル

*扁桃炎(扁桃腺炎)の原因

まず扁桃腺とは、喉の奥の両サイドにあるこぶのようなものです。

※口を大きく開けることで見ることができますが、奥の方を見る場合(膿がついていることの確認など)は暗くて見えにくいので携帯電話のライトで照らしたり、鏡の反射をうまく使って奥の方の観察ができます!

この扁桃腺は元々は病原菌が口から体内に入るのを防ぐ役割をしているものです。

しかし扁桃腺についた風邪やインフルエンザなどのウイルス性もしくは細菌性の病原菌が増え炎症を起こしてしまうことがあります。これが扁桃炎扁桃腺炎)です。また、疲れや寝不足、ストレスなどにより体の抵抗力が落ちているときに特に起こりやすいと言われています。

私の場合は寝不足と疲れが溜まっているときによく起こる気がします。

今回はお盆休みで友人と出掛けたり、1日中子どもたちと過ごしたりと

1週間近く動き回っていたりで楽しいながらも疲れていたんだと思います。

また扁桃炎には2種類あり、一時的に扁桃腺が腫れる急性扁桃炎と年に数回繰り返す慢性(反復性)扁桃炎があります。

私は今回今年2度目で、耳鼻科では反復性の扁桃炎と言われました。

慢性扁桃腺炎になった場合、扁桃摘出手術が必要とされる場合もあります。

*扁桃炎の症状

扁桃炎の主な症状は

*初期症状よりも喉の痛みが強くなる

*扁桃腺に黄白色の膿がつく

*38度以上の高熱

*頭痛や関節痛

*頸部リンパ節が腫れる

以上のようなものになります。

*扁桃炎の治療

扁桃炎になったと感じたら、まず内科や耳鼻咽喉科を受診しましょう!

私は前回内科で診てもらいましたが、3日以上高熱が続き、

一向によくならないので耳鼻咽喉科に行ったらなんと1日で治りました。その先生にも得意不得意があると思いますが、出来れば耳鼻咽喉科に行ったほうがやはり喉の専門家なので治りが早いかもしれません。

扁桃腺炎の治療にはペニシリン系抗生物質の内服とのどの消毒、鎮痛解熱剤を使用します。

私は上記に加え、たんを切りやすくする薬をもらいました。

1週間ほどの内服でほとんどよくなりますが、

無理せず安静にすることが一番大事です!

*扁桃炎の予防

・喉の乾燥を防ぐ

乾燥する季節やエアコンの使用時などは喉が乾燥しやすいので注意が必要です。

うがいやマスクの着用、部屋の湿度調節をしっかりと行いましょう!

・疲れやストレスを溜めすぎない

疲労やストレスが溜まることで体の抵抗力や免疫力が低下し、扁桃腺に病原体が増殖しやすくなってしまいます。適度な運動や気分転換を心がけ、休めるときはゆっくりと休養をしましょう。

・免疫力を高める

栄養価の高い食事を摂り、またバランスのいい食事を心がけましょう。はちみつとしょうがは殺菌効果や体を温める効果がありますので、喉に違和感を感じた時はぜひおすすめです。

また、適度な運動をして体力をつけることもおすすめです。

*まとめ

今回私は今年2回目ということもあり、扁桃腺摘出手術を勧められました。実は今回の耳鼻科の先生からだけではなく、かかりつけの内科の先生にも以前より勧められています。

でもまだ子どもが小さく、パパも単身赴任中ということで

手術をすると1週間以上の入院が必要になるという手術は受けられず…

しばらくは扁桃炎との戦いが続きそうです。。

最近は喉が痛む場所で

「あ、扁桃炎なるかも…」

というのが分かるようになってきました。。

分かってももうすでに遅し…の場合が多いですが、

なるべく喉を乾燥させないように気を付けて、

免疫力を高める生活を心がけなきゃなと思います!

あと運動!

大人になって全然運動しなくなって、体が弱いのは体力がないせいもきっとありそうなので、

運動もなるべくしないとなーと思ってます。

でも運動苦手…

とか言ってたらダメですね!頑張ります!

それでは

今回も読んでいただきありがとうございました!

ブログ村登録しました↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする