自転車練習中の子必見!1日で自転車に乗れるコツをつかむ方法とは!?


うちの娘は4歳の誕生日の時に自転車を購入しました。

運動神経も悪い方ではないし、早めに練習を始めれば早く乗れるようになりそうなーんて親ばか且つ、なんの根拠もない考えで早々に自転車を購入したのですが…

あまかったです…

補助輪ありで一人で乗れるようになるまでにもまぁまぁ時間がかかりましたし、

乗れるようになってきたからと補助輪を外してみましたが…

全然乗れない!乗れそうな気配すらない!

ということでなかなか乗れず2年が経過…ちーん。

そんな娘が最近自転車にたった1日で乗れるようになったのです!

その方法とは!?

スポンサーリンク
レクタングル

*ペダルなし自転車での練習

自転車の練習で娘がたった1日で乗れるようになった方法とは、

ペダルなし自転車での練習でした。

我が家では友だちのママさんに勧められて

自転車のペダルを外して練習をしてみよう!ということになったのですが

自転車のペダルが工具を使ってもなかなか外れない。。

ということで、またまた友だちママさん勧めで自転車を借りて練習をしてみよう!ということになりこちらに行ってみました!

雁ノ巣レクリエーションセンター

福岡市東区にあるとっても大きなスポーツ施設で、自転車を借りて1周2.4キロの大きな敷地内で走ることが出来ます。(もちろん自分の自転車でもOK)

子どもの貸自転車の料金は

なんと1時間50円!!

大人でも1時間100円です。

超格安ですね☆

貸自転車の中には小さい子用のキックバイクから、少し大きめの子用のペダルなし自転車もあります!

娘はペダルなし自転車をレンタルしました。

通常は足がちょっとつくくらいの高さがいいのですが、この時は地面の蹴りやすさを重視してサドルの高さが低めのものを選びました!

ひたすら足で地面をキックして進む練習。

この時に慣れてきたら少しでも長く足をつかずに浮かせたまま進むようにすることです。

ゆっくりなのでものすごーーーく時間がかかりましたがそれでひたすら2.4キロ周りました!

そして2周目はペダル付の自転車にチェンジ!

(自転車の変更は何度でもOK!)

するとなんと!!

あんなに乗れなかったのにふらふらながらちょっとだけ乗ることが出来ました!!!

乗り方としては

ペダルなしの自転車と同じように地面を足で蹴って進みます。

そのまま足をペダルに持っていきペダルをこぐ。

最初はふらふらしますが、スピードに乗ってくるとスムーズにこげるようになります。

足を浮かせて進む練習をひたすらしていたので、かなりスムーズに補助輪なしで乗れるようになりました☆

福岡の方はぜひ雁ノ巣レクリエーションセンターで練習してみてはいかがでしょうか??(^^)

また、福岡じゃないし近くにそういう施設もないよー!って方は

実は自治体で自転車教室が開かれていることがあるんです!

自治体の広報誌に日程など記載されていることがありますので探してみてください☆

そしてまだ自転車を買ってないという方は自転車を買う時に我が家のようにペダルが外れなくて練習出来ないじゃん…なんてことのないように、ペダルの取り外しが可能かを確認して購入した方がいいですよ!

ちなみに息子は娘の時の失敗(?)をいかして、現在キックバイクで練習中です。


全世界150万台突破!STRIDER :スポーツモデル《ブラック》ストライダー正規品(※類似品にご注意ください) ランニングバイク ストライダージャパン公式ショップ 【安心2年保証】【送料無料】【無料ラッピング可能】【ペダル無し自転車】【キックバイク】 427449

やっぱりキックバイクから自転車に乗り始めた子は乗れるまでがあっという間のようですね…

ストライダーはブレーキがないから心配…という方はブレーキ付のトレーニングバイクもありますよ!


ブレーキ付き バランスバイク 【SCOOTRIA 子供用 自転車 幼児 ペダルなし ブレーキ ジュニア ランニングバイク トレーニングバイク バランスバイク 乗物玩具 おもちゃ キックバイク プレゼント 2歳 二輪車 三輪車代わり トレーニング ブラウン ピンク 送料無料 キッズ】

*まとめ

自転車って乗れるようになると楽しいんですが、それまでが大変ですよね。。

うちの子は出来ないとすぐにめげてしまうタイプなので気持ちを乗せることにとても苦労しました。

特にパパとの練習ではパパがスパルタ特訓なので「メソメソするならやるな!」と怒ってしまい全然練習にならず。。

自転車の練習では親も根気強く付き合ってあげて、少しでもうまくいったら「ちょっと長く乗れるようになった!すごーーい!!」などと大げさに褒めてあげましょうね!!

そして自転車に乗れるようになってきたら、自転車の楽しさを伝えると共に、「こういう道では一旦止まってから進まないと車が来て危ない」など自転車で移動することの危険性についてもしっかりと教えていくことが大切ですよ!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児ランキング

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする