【出産体験記】出血多め!産後貧血で育児ができない!?:出産前日


我が家の娘(もうすぐ6歳)は2011年の8月に生まれました。

お腹の中にいるときからなぜだか

ちょっと大きめさんで

出産予定日頃には

「3,000gは超えるだろうね」

と先生から言われていました。

そんな大きめさんな娘の

大きな体と頭のおかげで

おかーちゃんは出血多め…そして貧血。。

わりと壮絶だった出産から退院までの体験を今回はつづります!

スポンサーリンク
レクタングル

*陣痛?そして入院

出産予定日を5日過ぎた日の朝方から

何分感覚なのか初めてすぎてよくわかりませんがお腹の痛みが来たので病院へ。

先に電話をしておいたのですぐに診察。

「んー1.5センチくらいかなー?開いてきてるねー

予定日も過ぎてるしこのまま入院しようか」

と先生に言われ、そのまま入院。

パパに入院準備をしてもらってきていたので

特に問題なくすぐに入院できました☆

しばらく回復室という部屋で待機したあと、

これからしばらくお世話になる入院のお部屋に案内していただき

すぐに助産師さんが来て

「とりあえずモニターをつけましょうか」と別室に案内されました。

分娩室とほぼ同じような部屋でモニターをつけて

お腹の張り具合などを確認。

でも陣痛が弱まってきているとのことで

陣痛促進剤(錠剤)とバルーンを入れることに。

とりあえず初めてのバルーンにどきどき。。

なんだかタンポンの大きめなものが入ってる感覚でした。

「子宮が開いてきたら勝手に出てきますからねー」

とのこと。

勝手に出るて!?どんな感じで出るのさ!?

更にどきどき…

そして促進剤が徐々に効いてきて

陣痛が強くなってきました。。

その頃…

助産院に実習に来ている学生さんの女の子2人が病室に来て

「お手伝いさせてください☆」

とのことで、

陣痛の促進になるというラベンダーのアロマの足湯をして下さいました♪

でもだんだん陣痛が強まってきて余裕がなくなっていく私。

そして学生さんの引率の先生がなぜか到着。

この先生がまた厳しかった…

「陣痛が来てますねー

じゃあもっと赤ちゃんに降りてきてもらえるように

廊下を歩きましょうかー」

と。

はい。

すっごい笑顔で結構厳しいこと言ってます。

陣痛が強くなってる時って

歩くのも結構しんどいんです…

廊下の手すりにつかまりながら歩く…

でもきついので止まる…

先生に「はいがんばってー」と背中を押される…

助産師さんより厳しかったです。

そして肝心の学生さんは

たまに腰をさすってくれるんだけど

力が弱すぎてぜーんぜん意味がないじゃん!と思ってました。

(一生懸命してくれてたのにごめんね学生さん。でもこのころは本当に余裕がなかったです)

そんなこんなしていると

なんだかなぜか陣痛は遠のいていってしまいました笑”

そして

「バルーンはもう出てるっぽいけど、

今日はもうダメそうだから明日また頑張りましょうか☆」

と助産師さんからのごご指示が…

あの辛かった時間はいったい…

そしていつバルーンでたんや…

(辛すぎて気づかなかった笑”)

そして夕食。

確かその日は幕の内弁当みたいな夕食で

パパも一緒に泊まれる病院だったのでパパは近くのコンビニで夕食を買って

一緒に食べました☆

そしてそして

しばらくお風呂に入れないからと

助産師さんがアロマバスを用意して下さり♪

ラベンダーの香りのお風呂にゆっくり浸かって

就寝♪

…とはいかず、

その頃はもう妊娠後期にありがちな

夜更かしスタイル(寝るのは朝方5時頃→起きるのは昼2時か3時頃)

に体が完全に変わってしまっていて

全然眠れず…

結局朝方4時くらいまで眠れずでした。

そして出産当日へ

つづく…

ブログ村登録しました↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 【出産体験記】出血多め!産後貧血で育児ができない!?:出産前日 […]