子どもの習い事に人気の英語教室ってどんなところ?習うならいつから?


ここ数年人気の習い事ランキングで常に上位にいる「英語教室」。

将来に向けて英語は習わせておきたいと考えるママたちが多いようでとても人気の習い事ですね。

今回はそんな人気の英語教室とは実際にどういうことをするのでしょうか?そして習うならいつごろからスタートするのがいいのかなど書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル

*英語教室って実際にはどんなことをするの?

実は私の娘は年中クラスに上がった4月に英語を習い始めました。

娘の通う保育園では週に2回、セイハ英語学院が多目的室を利用して英語教室を行っています。全員ではなく希望者のみで、一般的に近所にある英語教室で行っている内容と同じ授業内容です。

(セイハ英語学院のHPはこちら

先生は日本人の先生と外国人の先生が1人ずついらっしゃいます。

3~5歳の幼児クラスの内容としては

・ウォームアップ

英語音楽を聴きながら体を動かします。体を動かしながら英語を音楽に乗せて聴くことで自然と日本語から英語にスイッチが切り替わります。

・質問タイム

先生から英語でされる質問に答えていく時間です。今日の天気や気分など子どもも英語で答えます。

・ゲームタイム

みんなで楽しくゲームをしながら英語を使ってカルタ取りのようなことをしたり、宝探しのようなことをしたりします。

・カードを使って英語を覚える

「色」や「果物」や「月(5月はMay)」などカードを使って英語を覚えていきます。リズムに乗って読んでいくことで覚えやすくなります。

・テキストを使用して英語を書く

テキストを使ってアルファベットなど英語を書く練習をします。宿題として出される場合もあります。

以上のことなどを行っています。

1クラス10名以下の少人数なので先生と近い距離でしっかりと英語を学ぶことができます。

*英語教室はいつから習い始めるのがいいの?

英語教室は0歳から始められる教室もあります。

0歳から始めるメリットとしては英語に対する聴く力をより育てることが出来ることです。

ですが0歳からとなればあまり長時間の授業は難しいですよね。

しっかり学んでいくことを考えるのであれば、3~5歳くらいから習い始めるのがいいとされています。

この頃のうちに始めると言葉の吸収が早く、大人よりも早く英語を覚えることが出来るでしょう。

また、子どもは聞いたまま発音することが得意ですので発音もよくなります。

そして何より、小さい頃から英語に親しんでおくことで、将来英語の授業が始まっても苦手意識を持ったり、つまづいてしまったりすることも少なくなるでしょう。

*英語教室の選び方

我が家の場合は保育園で開設されている英語教室なので、英語の時間になったら先生が教室まで迎えに行ってくれて、終わったら自分の教室に戻るスタイルなので送り迎えをしなくてしなくていいからという理由と、保育園で普段から仲のいいお友達と一緒に習えるので楽しく出来るかなと思い、セイハ英語教室で習い始めました。

通常ですと

・家の近所の英語教室に行く

・ショッピングモールなどに入っている教室に行く

などになることが多いと思います。

そんな時に教室を選ぶ時のポイントは

・日本人と外国人の講師がいるか

やっぱりネイティブな発音での授業の方が将来役立ってきます。しかし子どもとの授業を進めるうえでは出来れば外国人と日本人両方の先生がいることが好ましいです。

・月の月謝などの料金

月謝や入会金などは英語教室によって違います。

入会金が安い代わりにテキスト代が高いなど、月謝だけではなく他の部分での費用もしっかりと確認が必要ですよ!

ちなみにセイハ英語教室は

入学金:10,000円

月謝(週1回):7,800円

年会費:4,000円

教材費:13,620円

です。

毎年5月頃に年会費と教材費の支払いと4月5月分の月謝をまとめて支払いなので、正直その頃の出費はかなり痛いです。。

一番の選ぶポイントは子どもが楽しめるかどうかです。

まずは気になる教室に体験に行ってみてください。

子どもが楽しく授業を受けられるかが一番重要だと思います。

うちの子も英語教室はとても楽しいようで、「英語は絶対ずっと続ける!」と楽しそうに言っています。

*まとめ

いかがでしたか?

子どもの習い事は送り迎えなど大変なことも多いですが、英語は将来役に立つことが多いはずです。

私自身も前の職場で英語のお客様から話しかけられても一言も言葉を発することが出来ず悔しくて英語をもっと勉強しておけばよかったと思いました。

小さいうちから英語に親しんでおくことが、将来の役に立ってくれるいいですね(*^^*)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする