【体験談】妊娠初期から後期まで続くつわり


妊娠初期から現れるつわり…

一般的には5~6週目から安定期に入る頃までと言われているようですが…

なんと私は出産まで続きましたー(>_<)

しかも2人産んで2回とも…

そんなつらーーーいつわりについて

体験談をお話ししますね。

スポンサーリンク
レクタングル

*症状

一般的なつわりの症状としては

・吐きづわり

・匂いづわり

・食べづわり

・眠りづわり

以上のような症状があるそうなのですが…

私は全部でした!!

お腹がすいてくると気持ちが悪くなる食べづわりが始まり

食べたら食べた自分の匂いで気分が悪い

吐く

お腹がすいて気持ち悪い

毎日それの繰り返しでした。

更に妊娠中働いていたのが飲食店だったので

キッチンで働くメンバーがオフィスに戻ってくると

その匂いで気持ち悪くなる…

あとは仕事中ただただ眠くて眠くて…

眠いと頭が痛くなるので頭が痛くなって気持ちが悪くなる…

という感じでした。

*妊娠中食べられなかった食品

とにかく妊娠中ダメだったのが

にんにく!

もう匂いがダメすぎて

にんにくの匂いにかなり敏感になってしまってました。

ハンバーグとかから揚げとか

ちょっとでもにんにくが入ってると食べられない

というか食べたあとの自分の匂いで気持ち悪くなって吐いてました…

そして周りの人の

「あ、この人絶対昨日にんにく食べたぞ」

が分かってしまって

そういう人の匂いでもダメで毎日とにかく辛かったです。

そして大好きなパスタが食べられなかったのもすっごく辛かった。。

あとダメだったのが

人工甘味料。

ジュースとかゼリーとかによく入っているもので

つわりに効くという炭酸飲料も

結構カロリーオフが多かったり

人工甘味料が入っていてダメ。

フルーツのジュースも

100%ならかろうじて大丈夫だけど

それ以外はダメでしたね。。

*妊娠中食べられた食品

反対に大丈夫だったのが

トマト!!

なぜかわからないけど

とにかくトマトが食べたくて食べたくてしょうがなくて

買い物に行けば必ずトマトを買って食べていました。

あと食べづわり対策によく食べていたのが

キシリトールのガムミントタブレットでした。

(こっちの人工甘味料はわりと大丈夫でした)

でもこの二つは食べすぎるとお腹を下すのでご注意です。。

あとよく飲んでいたのが

こちらのプルーンのヨーグルト

妊娠中におすすめの葉酸が摂取できて

不足しがちな鉄分も摂取できる優れものです☆

毎朝コンビニで買って飲んでから仕事に向かってたのが懐かしいなぁ~

そんなこんなで

とにかくつわりがひどかった私。。

出産まで続いたので

妊娠中に増えた体重は6キロほどでした。

(ちなみに産んだらマイナスでした笑)

でも特に産婦人科では

もっと食べてねとか

体重のことは触れられず…

赤ちゃんが大きかったので(1人目3,600グラム、2人目3,400グラム)

「お母さんは体重増えてないのに

赤ちゃんはなんでこんなにおっきくなるんかなー?」

と後期の間はずっと言われました笑

*まとめ

みなさんも食べられるもの、ダメなもの

つわりの時期も個人差があると思いますが

無理せず食べられるものを食べられるときに食べて

出産に向けて体力をつけておいてくださいね!!

(私は体力がなさ過ぎて出産のときに助産師さんに怒られました)

それでは

読んでいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする