6歳の誕生日プレゼントにスピログラフデラックスを買ってみた。


先日娘が6歳の誕生日を迎えました。

娘が誕生日プレゼントにリクエストをしたのは

テレビのCMでやっていた

「スピログラフデラックス」

なにそれ?

と思う方も多いのではないでしょうか?

保育園の先生から

「お誕生日プレゼント何もらったの?」

と聞かれ

「んーとね、まるいのぐるぐるーってするやつ」

と答えた娘。

先生:「???ごめんわからない…」

と言われてました笑”

まぁそれじゃあ先生には伝わらないですよね。

スポンサーリンク
レクタングル

*スピログラフデラックスとは?

スピログラフとは

こんなやつです。

あれ?子どもの頃に見たことある!って方もいるのではないでしょうか?

そうなんです!

実は私も子どもの頃に使ったことがあるのですが

今それがテレビCMで流れるほど人気なんです☆

そもそもスピログラフ定規というのは

1965年イギリス発明家デニス・フィッシャーが考案したといわれ、商品化されたのは1966年のことである。日本においてもその直後に導入され、子供を中心にブームとなった。

出店:スピログラフ/Wikipedia

遊び方としては

紙の上に置いた

円状のギザギザの大きな穴の開いた定規の中に、

外側がギザギザの色々なサイズの丸型や三角型の歯車のような定規を入れて、

中に置いた方の定規に開いた穴の中に鉛筆を入れて、外側の円に沿ってぐるぐると回していくと、不思議ときれいな模様が描けるというおもちゃです。

写真:スピログラフデラックス付属デザインブック

お花が大好きな娘は

「きれいなお花が描けるみたい!」

とずいぶん前から欲しがっていました。

*スピログラフを6歳の子が使ってみて

実際にスピログラフを使って娘が描いたものがこちらです。

うーーん。

まだまだ慣れていないのでもう少し練習が必要なようです。

というか私もお手本にと使ってみたのですが

結構力を入れて押さえておかないと回しているうちにずれてしまってきれいな模様にならないんですよね…

一応付属品として紙にくっつけておける粘土のようなものもついてますが

それでも少し難しいです。

なので小学生前の子どもが使うには少しコツがいりそうです。

娘も最初はうまくできずに「むずかしい!」とぼやきながら

悪戦苦闘してました。

でも何度かやるうちに少しコツがつかめてきたようで

始めはこんな感じでしたが

練習をしてだいぶ描けるようになりました☆

丸がついているのがうまく出来たと自分で思った物なのでしょうね笑”

色んな模様がどんどん描けるようになったらきっともっともっと楽しそう♪

ちなみに

我が家が買った「スピログラフデラックス」に入っているものはこちら

結構たくさんの種類があるので

本当にたくさんの種類の模様が描けるようです!

ちなみに最近は小さなセットが100円均一SHOPでも売られているようです。

*まとめ

スピログラフを買ってみて、

6歳の子にはまだ早かったかなぁとも少し思ったのですが

娘はずっと欲しかったものを買ってもらえてすごく嬉しそうでしたし、

割と根気強く練習しているので、結果的にはよかったかなと思っています。

最初のうちは大人も一緒に描いてあげて、「こんなのが描けるよー!」とお手本を描いてあげることと、子どもの後ろから手を持って一緒にぐるぐるしてあげるとコツをつかみやすいかもしれません。

自分で色々な大きさのものや形のものを選んで模様を描いていくことで考える力と想像力が身に付きそうなおもちゃになっていると思います。

気になった方は

クリスマスプレゼントなどにいかがでしょうか?(^^)


スピログラフ デラックス

スタンダード版もありますよ☆

スピログラフ スタンダード

少し小さい子向けの「ジュニア」もあります!


スピログラフ ジュニア

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする