ワンオペ育児最大の難関!子ども2人以上のお風呂の入り方!


子どもがいるとお風呂に入るのもバッタバタですよね…

しかも子どもが2人以上になるとなおさら大変です。

それを一人でこなすのはもーーーっと大変。

今回は夫単身赴任中でワンオペ育児中の私が実践した

2人をお風呂に入れる方法をお伝えします!

スポンサーリンク
レクタングル

*赤ちゃんがいる時の入り方

赤ちゃんがいて上にも子どもがいる場合が1人でお風呂に入れるのが正直一番大変でした。

まず、赤ちゃんの腰がすわっているかどうかでだいぶ行動が変わってきます。

赤ちゃんの腰すわりが完了していない場合

できれば上の子のいない昼間のうちに下の子を沐浴などして先にお風呂を済ませておくと、上の子を入れる時も脱衣所で待っていてもらえるのでだいぶ楽になります。

どうしてもそれが難しい場合は…

事前準備:赤ちゃんの服をさっと着られるように肌着とロンパースなどは重ねてセッティングしておく。セパレートタイプの場合もなるべくさっと着られるように準備。

1.赤ちゃん・上の子・ママで一旦湯船に浸かります。

2.少し温まったら、まずは赤ちゃんの体や頭をさっと洗います。

(この時に上の子は1人で湯船にいてもらうことになるのでなるべく目を離さないように注意です)

3.赤ちゃんをお風呂からあげて、脱衣所のところで体を拭いて服を着せ、そのまま脱衣所で待っていてもらう。(なるべくさっと行うのが大事です!)

4.脱衣所の赤ちゃんの様子をうかがいながら自分と上の子を洗います。

5.上の子の体を拭いて、自分もばっと体を拭いて終了!

赤ちゃんの腰すわりが完了している場合

腰がすわっていればバスチェアが便利です!

自分や上の子を洗っている最中はバスチェアに座ってもらい、こまめにお湯をかけてあげればいいのでとっても楽ちんです!

ただ、上がる時は一斉に上がらないといけないので、ちょっとバタバタしてしまいます。。

そんな時はママ用と赤ちゃん用のバスローブがあると便利ですよ(^^)

*浴槽に自分で立てるようになった子どもがいる場合

あんよが出来るようになって、浴槽でも自分で長い時間立っていられるようになれば2人以上をお風呂に入れるのもだいぶ楽になります。

1.みんなで湯船につかる。

あまり長時間浸かると洗う時間の間にのぼせてしまうので、ママは長湯しすぎないように注意です。

2.自分を先に洗う。

この時はなるべく目を離さないように注意です。可能であれば上の子に下の子を見ていてもらうのもいいと思います。

3.下の子を洗う

上の子がのぼせないようにサッと済ませます。

4.上の子を洗う

下の子1人で浴槽に入れるのが心配であれば一緒に洗い場で待ってもらってもいいと思います。その時は寒くないようにお湯をこまめにかけてあげてくださいね。

5.みんなであがる

もし上の子が下の子を見れるようであれば、ママが先に出てサッと拭いて着替えてから、子どもたちを下の子から順番にあげてもいいと思います。

*2人以上でお風呂に入るときの注意

上の子がいるからといって子どもたちから目を離すのは危険です。

我が家の場合、上の子が浴槽のフチから手を放すのも嫌がるくらい怖がりで、慣れないうちは浴槽のフチにずっとつかまって立ってくれていたため上の子は1度も溺れたことがなかったのですが、下の子はお風呂の中でもウロウロしたがる子だったのでよく転んで溺れてしまってました…(もちろんすぐに水からあげたので大事にはいたりませんでしたが)

我が家のようにちょっと目を離した瞬間に転んで溺れてしまうこともあるので、絶対に目を離さないようにしましょう!

また、お風呂では転倒の危険性もあるので暴れない!ということも普段から言い聞かせましょう。

*まとめ

パパや協力してくれる人がいない場合の子どもとのお風呂は本当に大変です。

子どもやママ自身が風邪をひかないように、素早く行動できるように事前の準備をしっかりとしてお風呂に入るといいですね(^^)

子どもが小さい頃は本当に大変ですが、少しずつ大きくなるにつれてどんどん楽になりますよ♪

我が家はいつもお風呂でしりとりをしたり、水の掛け合いをしたり毎日楽しくお風呂タイムを過ごしています。

お風呂タイムという子どもとのふれあいの時間を大切にしていきたいですね!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする